昭和15年

  初代社長 成田 文市が水戸合金工具製作所として、水戸市赤塚町に創業。

26年

  経営の合理化により中小企業庁長官賞を受賞。
32年

  通商産業省よりソケットレンチ及びソケットレンチ用ハンドルが日本工業規格(JIS)の表示許可工場(現在は認定工場という)に認定される。ついで、防衛庁の指定銘柄品となる。

36年

  水戸工機株式会社に社名を変更。
38年

  水戸市大塚町に新工場を建設し、設備を大幅に合理化する。
39年

  中小企業庁より中小企業合理化モデル工場に指定される。
41年

  水戸市大塚町で、ソケットレンチ及びソケットレンチ用ハンドルが日本工業規格(JIS)表示許可工場を再取得(現在は認定工場という)また、NHK教育テレビ「これからの中小企業」に30分放映される。

43年

  めがねレンチが日本工業規格(JIS)表示許可工場(現在は認定工場という)に認定される。

46年

  東京中小企業投資育成(株)より出資を受け、資本金4,150万円に増資。

47年

  成田 弘市が社長に就任。

48年

  中小企業合理化モデル工場に5回連続更新。
50年

  中小企業庁長官より、感謝状を授与される。(株)小松製作所より熱処理認定工場に認定される。

55年

  ドイツのケルンハードウエアショーにインパクトソケット及びアタッチメント等の出展を開始する。

60年

  茨城県中小企業優良新製品推薦証(T型ホローレンチ)を受ける。
平成3年

  茨城労働基準局より表彰を受ける。
7年

  (株)小松製作所より20年連続して熱処理認定工場に認定される。
10年

  成田 浩明が社長に就任するとともに、資本金を4,650万円に増資。
12年

  (株)KPMGセンチュリー審査登録機構よりISO9001の認定取得。
ドイツのケルンハードウエアショーに20年連続して出展する。

14年

  名古屋営業所開設
西日本営業所開設

15年

  仙台営業所開設
北信越営業所開設

20年

  西日本営業所移転に伴い名称の変更
(旧)東 京 営 業 所→(新)東 部 営 業 部
(旧)名古屋営業所→(新)中 部 営 業 部
(旧)西日本営業所→(新)西 部 営 業 部
(旧)仙 台 営 業 所→(新)仙 台 営 業 部
(旧)北信越営業所→(新)北 信 越 営業部

22年

  ソケットレンチ類の新JISの認証を財団法人日本品質保証機構(JQA)より取得する。